日本のミニマリストと海外のミニマリストの違いについて。

こんにちは、めもみです。

先日、こんなツイートをしました。

 

海外のミニマリスト

✔大事なことにフォーカスしよう

✔パッションで世界を変えよう

→消費社会へのアンチテーゼ

 

日本のミニマリスト
✔個人の生活を充実させよう
✔日々の楽しみを増やそう

→おしゃれなミニマムライフ(謎)

日本と海外ではミニマリズムにズレがある?

海を渡るとなぜか変形していく日本独特の文化・・・

ミニマムライフとは

最小限のモノだけで暮らす非常にシンプルな生活スタイル。

 

ミニマルファッションとは

無駄な要素をすべて省いて、最小限にすることにより、

人間の内面性を浮かび上がらせようとするファッションスタイル

 

しかし、ナチュラルライフとごっちゃごちゃになってきています。

ナチュラルライフとは

緑や花に囲まれたインテリアなどで暮らしていくスタイル

 

似ているけど、なんだか違う。無印着ればミニマルってわけじゃないよ。

ということが伝えたいです。

 

わたしは無印良品を何度も買っては合わずに捨ててしまったタイプ。

生活スタイルによって相性も絶対あるはずなのに、

みんながみんな同じようなインテリアに同じようなファッション・・・

 

いや、それって結局『思考停止』してませんか?

 

消費が美徳である世の中へのアンチテーゼとして生まれたミニマリズムが

いまや消費させるための道具として使われているような気がしてなりません。

もうそれは本末転倒、アップサイドダウン。

ムーブメントで終わらせないライフスタイル。

ミニマリストが珍しい生き方ではなくごくあたりまえのライフスタイルである。

というようになっていかなければならないと感じています。

 

それは、大量消費で消耗してきた人類の最大の解答だと考えているからです。

くわしくは動画で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です