宇宙一わかりやすい。社長になれちゃう方法。

社長ってどんなイメージがありますか?

好きなことを形にできている、たくさんの仲間と仕事をしている、お金をたくさんもっている・・

 

自己実現のひとつとして『社長』という肩書って魅力的です。

そんな『社長』って具体的にどうやったらなれるの?という謎を宇宙一わかりやすく説明してる動画があったのでご紹介します。

 

宇宙一わかりやすい社長になれちゃう動画

こちらのツイートでかんたんにまとめてみました。

①社長になる手続き ②社長としての権利 について説明しています。

社長になる事務手続きは『法務局』

法務局は会社向けの区役所的なところ。会社の印鑑登録登記の証明書の発行をしてくれる機関です。

(親の同意があれば未成年でも可能)

手続きに必要な金額

株式会社⇒約20万円~ 合同会社⇒約6万円~

(基本的な事務手続き費用)

社長になりやすくなった理由

2006年に『会社法』が施行されて会社が作りやすくなりました。

それ以前は最低資本金というものが設定されていて、株式会社1000万円~、有限会社300万円~必要でした。

⇒このことから『社長はお金を持っている!』というイメージができあがったようです。現在は最低資本金は1円~となっています。

資本金の準備方法

会社の方針が変わってくる重要な項目です。会社の所有権とも言われる『』の取り扱いに大きく関わってくるからです。

  • デッドファイナンス⇒株の所有が社長ひとりの代わりに銀行や投資家などの借り入れの全責任を負う。

  ※借りるハードルが高いが、借りれた場合はコスパがいちばんよい。

  • エクイティスファイナンス⇒株の所有を一部をベンチャーキャピタルや投資家に渡す代わりにお金を頂く。

※株を渡しているのでお金を返す必要がない。リスクが少なく資金を用意できる。

※会社の方針を決めるときに株を多く所有している人の意見が反映される場合が多い。

ベンチャーキャピタルや投資家さんはどうやって利益を得るのか

会社を売却した場合する場合に、投資した分より大きい資本になっている場合が多いので、その差額で利益を出している。

社長である=資産をもっているとは限らない

権利関係によって、さまざまな社長のパターンがり、会社の利益=全部社長の利益というわけではありません。

 

あなたも社長に!?

会社で昇進するより、社長になれる方が簡単だったりするそうです。身近に企業!という時代がきましたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です