sns時代の大事なスキル。『ことば』で傷つけられたときの対処方法。

社会生活や日常生活でも『ことば』は凶器として心を傷つけてしまいます。

最近では、SNS上は顔もが見えなくて乱雑に言われてしまうこともありますよね。

そんなときに知っておくとよい対処法をご紹介します。

自己顕示欲を強く持った人

とくに昔はそうでもなかったのに、ある時期を境に口が悪くなってしまった人に共通しています。

わざわざ悪い言い回しをして、相手より優位であることを確かめたいという劣等感からきていることもあります。

とにかく無神経な人

マナー違反をしても平気なタイプに共通しています。相手の気にしていることをわざわざ嫌みに言ってしまいます。

専門用語を並べたてたり、批判をすることが「知性」と勘違いしてしまっていたりします。自慢の量もすごいです。

単語で話をしちゃう人

『無理』『きもい』『やばい』という単語で話してしまうは何も考えずに発言していることが多いです。

なので、自ら改善するということもほとんど無い状況に陥ってしまいます。

心が疲れたら・・

変換』したり『吐きだす』作業を積極的にしてください。

  • 変換⇒相手の言わんとしていることはなんだろう?と性格もふまえて冷静に捉えなおすこと。
  • 吐きだす⇒直接相手に伝えてみたり、許せないポイントを伝えてみること。

『ことば』はコミュニケーションをとる大切なツール

心地のよいコミュニケーションができるように、日々気をつけるのも大切です。

自分が発言するときは『憧れのあの人ならどういう風に話すだろう?』と想像してみてくださいね。

 

この記事が参考になっていただければ幸いです。

ツイッターでも日々、情報発信していますのでそちらもどうぞ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です