キャッシュレス生活してみた結果。

キャッシュレス時代が到来。ほとんど現金をみる機会もなくなりました。

どうやって生活しているのかをご紹介していきたいと思います。

なぜ、キャッシュレスなのか?

上記のような理由でキャッシュレス化を進めています。もう、メリットの方が多すぎて変えない理由がありません。

もっているカードとつかっている場所

コンビニはもちろんのこと、有名なお店や医療機関でも導入しているところは多いです。

まずはほとんどのお店で対応しているコンビニのお買いもので使ってみるのをおすすめします。

暮らしてみた結果

現金を払ったのは対応がいいという口こみの病院。

実際に対応はよかったのですが電子マネーどころかクレジットカードも対応していませんでした。行く前に確認しておくべきでした。

プレミアムキャッシュレスフライデー『プレ金』

参考動画 ミニマリストしぶさん

経産省「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を発表 キャッシュレス決済の拡大目指す

  • 第一弾は3/29
  • 交通系電子マネーを提供するJR東日本や九州旅客鉄道、クレジットカード事業を行う三井住友カードやビューカード、コード決済サービスを提供するPayPay、LINE Payなど数十社が参加予定
  • 第2弾を「キャッシュレスウィーク」として4/26日から10連休

なぜ、こんな企画が?

  1. 現金決済インフラの維持コストを改善する方向性を示す。
  2. 消費者にキャッシュレス決済のお得さを伝える。
  3. 人手不足に悩む事業者の生産性向上につなげる。

世界のキャッシュレス事情

中国⇒路上パフォーマーのおひねりもQRコードを読み込んで行える。「ホンバオ争奪戦」が楽しめるエンターテイメント性が受けて電子決済サービスが一気に普及した。参考:中国ではどうやってモバイル決済が広まったか。

スウェーデン⇒世界一キャッシュレス化が進んでいる国。手に埋め込んだマイクロチップを乗車券の代わりにして電車を利用し、手をかざしてオフィスの出入り口を解錠する。参考:北欧スェ-デンで体内にマイクロチップの埋め込みが広がる理由とは。

現金がなくなった世界

今はまだ想像できませんが、現金でやりとりする時代は変わりつつあるのかもしれません。

みなさんも一度体験してみてはいかがでしょうか。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です