ミニマリストを自覚した瞬間。私服を完全に制服化してみた。

先日、”私服を制服化する計画”のために、断斜離した服について考えてみました。

断斜離した服と理由

このメモを元にGUへ行ってみた

私服の制服化にあたり、もともと大好きなGUで揃えてみました。

季節の商品を多く扱うGUですが、シンプルな服も多いので定番品に向いているものもあるのでは?と考えたからです。

  • モノトーン、もしくは黒
  • 軽い素材
  • 値段

といった事を重点的に探してみました。

購入したもの

全て黒で、軽い素材です。カーディガンもいいかなーと考えたのですが、パーカーにしてみました。

気づいたこと

以前までは、着心地を重視して買っていたため、綿素材のモノが多かったのですが

断斜離してみるとほとんど捨ててしまいたくなっていることに気づきました。

  • しわや汚れやすさなど扱いが大変
  • 静電気がひどい
  • 重いので旅行などで負担がかかる

下着は綿素材

GUの定番商品であるブラトップですが、綿素材なので毛玉がつきやすいですが、

というハーフタイプを選びました。とっても着心地がいいし、扱いもかんたんです。

スーツケースなども断斜里したいので、大きめかつ軽い鞄も探しました。

安い、かわいい、軽い。おまけにリバーシブル。さすがのGUです。

制服の私服化計画=季節感やトレンド感がなくなる

今回揃えた服以外は全て断斜離しました。デメリットをひとつあげるとすると季節感やトレンド感はでません。

特定の場所で着る服(冠婚葬祭やイベント)などの服は所有ではなくレンタルで済ませられないかな?と言う事が今後の課題です。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です