ミニマルとシンプルは全く違う。

こんちゃ、めもみです。

ミニマリストというとシンプルなお部屋とシンプルな服装と・・と思われがちですが、全く違います。

そもそもミニマルって?

選択と集中”、”強調”という言葉が多用されるように必ず主観が入ります。

シンプルはどちらかというと”誰がみても差し支えない”といった客観性が求められます。

動画の中でも話にでますが

マックブックのアップルマークという主張がある状態がミニマル、なにもない場合はシンプルです。

ミニマリストは個性的な人が多い。

なにかを強調する中で、他の物をシンプルにしていくということはあるかもしれませんが、必ずこだわりがあります。

生活にこだわりがあるひと、服装にこだわりがある人、言葉にこだわりがある人、デザインにこだわりがある人などです。

ミニマリストの場合はこだわりの部分以外は体力や時間の確保のためにシンプルにしていくという傾向があると思います。

ちなみにわたしは生活に全く興味がないのでなるべく簡素に暮らせればOKという感覚です。

サムネイルも全く興味がありません。サムネ芸を身につけたら何かと楽なんだろうなーとは感じています。

サムネイルやBGMに凝らない理由はこれです。たぶんやろうとすると詰め込めるだけやっちゃって後悔すると思うのでやめてます。

シンプルは副産物。

シンプルにするというこだわりがある人ミニマリストの方もいらっしゃるかもしれませんが、こだわりなくなんでも使いこなせると言う人はシンプリストなのではないかと思います(弘法筆を選ばず的な)

万人に受ける大局的な事を捉える力がある人はシンプリストなのかもしれません。

さいごに

自分に生きやすいのはどちらか??というのはその時々によって変わってくるかもしれません。

ただ、こういった違いがあると認識しておくと

シンプルだからミニマリストでしょ?だとかシンプルじゃないからミニマリストじゃない!

という誤解がなくなると思います。

 

この記事が参考になっていただければ幸いです。

ツイッターでも日々、情報発信していますのでそちらもどうぞ!

 

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
ミニマリストしぶ
サンクチュアリ出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です