内向的企業家のススメ。なぜ、炎上してしまうのかがわかる話。

こんちゃ、めもみです。

今回はメンタリストDaiGoさんの動画から経営者についてのお話。

 

つい先日も吉本興業が大炎上しましたね。今の世代のトップは50代~60代のバブル期を経験してきている世代。

『お金』を中心に経営をしすぎてホスピタリティやメンタリティを維持することには無頓着な印象です。

内向的な人は経営に向いている

ヤル気がない部下に対しては指示を出す強い経営者が向いているのだそうですが(スポ根のような)、優秀な人材がいる場合は『ウザい、怖い、権力的』と受け取られてしまいます。

逆に内向的な経営者は『謙虚、話をよく聞く、信頼してくれる』といった印象が強くなるため、優秀な人材は働きやすいのだそうです。

経営者の周りにいる人をみればすぐわかる

お山の大将のような経営者はまわりに子分の様なイエスマンを従えていることが多いのだそう。つまり、自分の権力が届く範囲の人しかおかないということです。

一方、優秀な経営者は自分より優秀な人材を集めます。これは張り合うためではなく助けあうために必要不可欠だからです。

 

笑いやビジネスも学べる本はこちら

「ウケる」は最強のビジネススキルである。
中北 朋宏
日本経済新聞出版社
笑いのカイブツ

笑いのカイブツ

posted with amazlet at 19.07.24
ツチヤタカユキ
ピースオブケイク (2017-03-20)

優秀なリーダーの特徴

  • 一貫性がある→決定した事には責任を持つ
  • 部下にリソースを与える→コツや人を紹介するなど
  • 部下を信じる→失敗しても大丈夫な範囲で仕事を任せる
  • ヴィジョンを語る→実績よりも未来を語る

理想の経営者ですね。ただし、うまく見せるだけの人もいるそうなので判断は慎重に。

ダメなリーダーの特徴

  • 細かいヒエラルキーがある→横並びの状態が理想
  • 決断を過信する→他の人の意見を聞かない
  • 部下より給料をもらいすぎる→労力に見合っていないように捉えられる
  • 疎外感を与える→信頼を失う

現実はこういう経営者が多いですよね。少しでも減って欲しいです。

さいごに

仕事は人生において大切な時間を費やすもの。自分に不利益になる経営者の元で働くことも、自分自身がそういった経営者になることも避けれればもっと働きやすい世の中になるのではないでしょうか。

 

この記事が参考になっていただければ幸いです。

ツイッターでも日々、情報発信していますのでそちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です