変化したい自分を見逃さない方法で、成長ポイントを見つけよう。

こんちゃ、めもみです。

めもみ

自分がやりたいこと、欲しかったもの、嫌だったことなどわからなくなることがありませんか?

人間は変化をあまり好まない様にできているのでそういった自分の気持ちに鈍感になる事が多いです。

 

そして知らず知らずのうちに周りに流されて不満ばかりの生活に・・・

そうならないためには『変化したい自分を見つける』ことが大切です。

 

ミニマリストをして環境を変えていくと変化していく場面に多く出会います。

そんな中で変化したい自分を見逃さないための方法を書いてみました。

変化したい自分を見逃さない。

モノを手放したり、買い替えたりすると「自分」が変化します。

つまり、手放したくなっていたり、買い換えたいなと考えてるということは「自分を変化させたい。」ということです。

服は顕著に現れる。

外見を変化させることがいちばんわかりやすいと思います。

髪型や服装について悩んでいるときは、自分を成長させたかったり変化させたいということです。

少し前に所有していた服の一覧です。

変化後▼

変化したい自分を見逃さない①
手持ちの服を書きだしたり、一覧にしてみる。

女性ならメイク道具やスキンケアの見直しも効果的だし、結果がすぐわかるので楽しいと思います。

身体の変化について考える。

病気やスタイル維持や体力について考える時は変化させたいときです。

行動を変えることで変化が起きやすいので気づきやすいですよね。

変化したい自分を見逃さない②
身体を動かすことで気になることを書き出してみる。

人間関係について考える。

身近な人間関係で悩むときはチャンス到来。変化させたい気持ちが出てきています。

ちょっと特殊な例ですが、きちんと向き合う時期であることを見逃さないようにしましょう。

変化したい自分を見逃さない③
人間関係の『悩み』から逆算して考えてみる。

自分に対しての考え方について。

わたしが動画投稿やブログをしていく中で「自分発信」するように気をつけています。

それは現状の自分をそのまま映して客観的にみるためです。フラットにみることで変に落ち込まなかったり、調子乗ったりする自分を抑えることができます。

毎日投稿をしてみるYoutubeで髪の手入れできてないなーとか話し方の癖を自己分析しています。

変化したい自分を見逃さない④
動画やブログを撮って感じたことを書き出してみる。

さいごに

『変化したい自分』はどこからきているのか?を理解すると欲しがっているものや不必要だと感じていることにも敏感になれます。

常識や世間体などをそっと置いて、マインドフルネスで自分をみつめる時間を設けてみることがおススメです。

 

この記事が参考になっていただければ幸いです。

ツイッターでも日々、情報発信していますのでそちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です