モノが片づくたった3つのプロセスで、理想の暮らしを手に入れよう。

めもみ

こんちゃ、めもみです。

今回は『モノが片づく』基本的なプロセスをご紹介します。たった3つしかありません。

収納術よりまずは『捨て』

めもみ

スッキリした暮らしをするには収納術を増やしたり、整理整頓するより、モノの総量を減らすのが最短ルートです。
STEP.1
分類する
収納や棚から全て表に出してみる。
STEP.2
処分する
不必要なモノを取り除く。
STEP.3
キープする
モノが増えるタイミングを考える。

 

空間には限りがあります。モノを置いたり、上手く使うためにも『減らす』作業は絶対必要です。

取捨選択をじっくりすることでスッキリした暮らしを手に入れることができます。

 

理想の暮らしを考える。

わたしの経験上ですが、忙しかったり、疲れていると「現状維持」することが当たり前になります。

そこで大事になってくるのは「理想の暮らしを考える」ことです。

 

一見遠回りしているように感じますが理想の暮らしを考えることで『忙しさや、疲れから解放される』というメリットもあります。

無駄がなくなるので余計に忙しかったり、疲れたりしなくなるのです。

 

そして暮らしが整ってくると「自分の生き方」「自分の働き方」を考える余裕が生まれます。

なので、がむしゃらになる前に生活を整えるための「理想の暮らし」を考えるのは必須なのです。

 

美輪明弘さん、近藤まりえさん、西加奈子さんなどなどわたしの憧れてる人は理想を大事にしていました。

現状を打破する『捨て』と『理想』

めもみ

この2つの最強タッグを使ってあなたが望む暮らしや未来を自らの手で掴みに行きましょう!!

 

 

この記事が参考になっていただければ幸いです。

ツイッターでも日々、情報発信していますのでそちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です